機械・環境関連技術

シーズ技術名 技術の概要 技術の優位性
環状化合物を利用したレアメタル選択的抽出剤の開発 金属との親和性の高い環状化合物であるチアカレックスアレンとその新規誘導体を用いて、自動車触媒工場より排出されるレアメタル混合廃液から高効率且つ高選択的に希有金属を分離抽出した。 合成が容易な化合物であり、しかも高効率且つ高選択的に希有金属を分離・抽出することが可能
金属薄板を備えたエネルギー吸収部材 設置後に想定している地震などの外乱による最大応答変位内で、予め薄板に張力場を伴う大変形を経験させることにより、薄板の履歴特性を極めて安定化させたエネルギー吸収部材 薄板のまま使用するので軽量化、小型化が可能であり、運搬、設置、施工が容易である。さらに簡単に取り付けられるため既存の建築物の耐震補強が容易
ベアリングレスドライブ センサーにより回転軸の変位を検知し、その変位に従ってインバーターを介して固定磁石へ流す電流を変化させることにより、軸の変位を修正しつつ、発生した磁気力によって軸を保持しながら回転軸を回転させる。 ベアリング保持の欠点を補う方法として磁気軸受けが一般に使用されているが、磁気軸受けは制御装置が高価であるばかりか、場所を取るなどの問題を抱えている。
PMとNOxを同時に処理するディーゼル排ガス浄化装置 多孔質固体酸化物を挟んで両面に電極を設置し、電流を流すことによりアノード側でNOxを還元処理し、カソード側でPMを酸化分解する ポスト新長期規制をクリアーできる画期的PM・NOx同時低減システムであり、しかも白金など高価な触媒を必要としない
風力発電と沙漠緑化支援技術 昼間、地表からの水分蒸発に伴う垂直方向の風を線織面風車で効率よく捉えて電気を起こし、その電気を使って、夜間、ペルチェ素子で露点以下に下げて空気中の水蒸気を水に変え、緑化に利用する。 線織面風車は垂直方向の風を効率よく捉える高性能の風車。また、ペルチェ素子は摺動や接点が無いため耐久性に優れた冷却装置
廃PVCの熱処理と廃ガラスを用いた塩素の中和 廃PVCをガス化して燃料となるガス・チャーを製造する。この際生成する塩素は廃ガラスで中和補足する。中和時に発生する熱は電気や燃料として回収する。 廃PVC及びPVCを含む分離困難な廃棄物の低コスト、安全かつ高エネルギー回収型の処理

公開シーズ技術トップへ戻る