会設立の趣意

トップページへもどる

    

1.趣 旨

海外からの技術導入をテコに発展してきたわが国は、これまでに培ってきた技術の蓄積によって現在でも世界に引けを取らない高水準の技術を保有しているとは言え、韓国、中国など近隣諸国の激しい追い上げを受けて、更なる技術水準の向上が求められている。ところが、トップランナーにまで登りつめた現状では、かつてのように欧米に先行技術を求めることも出来ず、大学(国立の研究機関を含む。以下同じ)が日本企業の技術シーズのソースとして取って代わり、技術シーズや研究成果を本格的かつ大々的に移転すべき時であり、ここに、産業活性化のための産学連携の必要性が生まれる。

現実には、官には独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)独立行政法人 科学技術振興機構(JST)等の窓口が存在し、多くの大学にはTLOや知財センターが設置されており、産業界にも協会や財団、社団など多くの法人が存在し、それぞれがその技術移転の任に当たっている。ところが、学のシーズを産に移転する場合には、間にあまりにも大きなDeath Valleyが存在しており、学から産への技術移転が必ずしも順調に進められているとは言い難い現状にある。しかも、その多くの場合には、橋渡しの中心になって動くコーディネーターの資質に問題がある。すなわち、産学連携には有能なリエゾン(フランス語のliaison:融合)オフィサーの存在が極めて重要であり、しかもリーダーは相当強力でないと務まらない。彼らは、戦略的研究の企画をコーディネートし、外部研究資金の獲得と同時に、地域の開発プロジェクトのコーディネーターとして活動する。

加えて、産学連携をやるときには目利きが必要になる。目利きとは学問的な視点から、それが果たして理論的に間違いないか、どれだけ優れたものであるか、などを読み取れる頭脳と目を持った人のことである。ある程度現場経験を踏むと、こいつはコストが合わない、こういうものを果たして市場が求めているか、商品化に向くかどうかなどの勘が養われてくる。この目利き集団がDeath Valleyを埋める橋渡しの任にあたる必要があるのだ。先ず始めにそういうきちっとしたシビアな目利きによる最初の出発点における選別が必要となっている。今必要なのはプロデューサー、プログラムディレクターであり、柔軟な発想を持ち、具体的なニーズを意識している人がリーダーにならないと成功しない。

それ故、企業や大学において実学を経験し、しかも、かつてこのコーディネーターの役を経験した実年組みのメンバーを一同に会して実施部隊を編成し、この橋渡しの任に当たることにより、より実効性の高い産学連携事業を実施し、産業技術のより一層の活性化を図るために本を設立するものである。

  平成16年 9月 23日

産業技術活性化センター

理事長  伊 東  巌  印


トップページへもどる