株式会社伊東化学研究所は新素材錫銀ナノハンダによる品質・工程改善を提案します

プロフィール
 ご挨拶
 会社概要
 沿 革
 決算報告
製品紹介
ホーム>プロフィール>沿 革
沿 革

ナノハンダの開発着手と創業に至る経緯

  1993年08月 化学研究同友会(すいよう会)発足
          触媒学会を基幹とし、大学教授も参画

  2004年08月  産学連携支援として(無中)産業技術活性化センター発足
                最初の技術紹介として「ナノ鉄:大塚 潔教授」を取り上げる
  
  2004年12月  すいよう会勉強会で発明者よりナノ銀の紹介を受ける
                活性化センターとしてナノ銀の商品化検討を開始
  
  2007年02月  大阪市大にナノ銀を製造するベンチャーが立ち上がる
                商社を通してサンプル入手が可能かを探る

  2007年07月  ナノ銀(180℃で焼結するタイプ)500gのサンプルを入手
                ナノハンダの商品開発に着手

  2008年05月  株式会社
nintac設立
                世田谷に事務所と研究室を確保

  2008年06月  「ナノハンダ」商標登録を申請
            2009年03月登録査定「登録第5212617号」

  2010年08月  「ナノハンダ」に関する特許出願
                特願2010-204885号

  2012年12月  新宿に営業所を開設
                各種ナノハンダのサンプルを展開

  2013年12月  「導電性接合剤及びその接合方法」特許査定
                特許第5442566号

  2014年06月  株式会社伊東化学研究所を設立
                新宿に本社及びサテライトオフィスを開設                   

  2014年12月  「ナノ接合用ナノ粒子」に関する特許出願
                特願2014-250449号

  2015年12月  「耐熱、耐酸、導電性金属材料」に関する特許出願
                特願2015-246802号


  2016年06月  「ナノ接合用ナノ粒子」特許査定
                特許第5953361号

  2016年08月  株式会社nintac解散

                                      ホーム